センターについて

石塚 修 センター長からのメッセージ

director-greeting

信州大学医学部附属病院移植医療センターのホームページをご覧いただきありがとうございます。

信州大学医学部附属病院は、国内3例目の生体肝移植、世界初の成人生体肝移植、国内初の脳死肝移植をそれぞれ成功に導き、また、造血幹細胞移植(骨髄移植、臍帯血移植)、腎移植においても実績を重ねてきております。

当センターは、信州大学医学部附属病院の移植医療の窓口として、臓器提供者と患者様および御家族のケア、移植に関する広報活動、移植医療に関わるスタッフの育成などを行うことを目的として、2006年7月に設置されました。それぞれの移植担当医をはじめとする各診療科間と連絡を取りながら、円滑な移植医療の推進を行っています。

移植医療について、各専門が対応させていただきますので、御気軽にご相談いただければ幸いです。

移植医療センターの目的

2006年7月、信州大学医学部附属病院(信大病院)に移植医療センターが開設されました。

当センターの目的は以下の通りです。

  • 移植医療について、市民の皆様に、より広く知っていただく。
  • 患者さんが、担当医から移植を勧められたときに相談の窓口になる。
  • 担当医からは移植を勧められていなくても、患者さんご自身が移植医療の対象になるのか知りたい場合に相談の窓口になる。
  • 意思表示カード(いわゆるドナー・カード)が欲しい方に対応する。
  • 医療機関(医師・看護師など)からの移植に関するご相談に対応する。
  • その他の移植医療に関するご相談に対応する。

スタッフ紹介

センター長

石塚 修

医学博士
日本泌尿器科学会・専門医・指導医
日本臨床腎移植学会・腎移植認定医
日本がん治療認定医機構・がん治療認定医・暫定教育医
日本超音波医学会・専門医・指導医
日本性機能学会・専門医
泌尿器腹腔鏡手術技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)
日本性感染症学会・認定医
日本抗加齢医学会専門医
内分泌・甲状腺外科専門医

信州大学医学部泌尿器科学教室 教授 兼任

副センター長

三田篤義

医学博士
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本移植学会認定医

信州大学医学部附属病院集中治療部(ICU)副部長 兼任

医師

中沢洋三

医学博士
日本小児科学会・専門医
日本血液学会・専門医
癌治療認定医
日本骨髄バンク調整医師

信州大学医学部小児医学教室 教授 兼任

中澤英之

医学博士
日本血液学会・認定血液専門医
日本内科学会・総合内科専門医
日本がん治療認定医機構認定医
日本骨髄バンク調整医師

信州大学医学部内科学教室(内科学第二)講師 兼任

クリニカル・コーディネーター

後藤美香

看護師
認定レシピエント移植コーディネーター(臓器移植)

深沢聡恵

看護師
認定HCTC(骨髄移植)

百瀬美希

看護師
認定レシピエント移植コーディネーター(臓器移植)

上原里香

看護師

院内ドナー・コーディネーター

小林幸弘

臨床検査部 副技師長

羽生田夕子

救急部 看護師

渡辺リカ

手術部 看護師

沼田 薫

集中治療部 看護師

PageTop