院内ドナーコーディネーター

院内ドナー・コーディネーターの業務

院内ドナー・コーディネーターは、信州大学医学部附属病院の患者(家族を含む)と職員を対象に、中立的な立場で臓器提供に関する意思を尊重し、以下の業務を遂行しています。

  • 職員を対象とした、臓器移植に関する普及啓発及び体制整備
  • 患者(家族を含む)の「意思表示の有無」等の情報収集
  • 患者(家族を含む)からの臓器提供に関する相談への対応
  • 臓器提供に関わる関係者及び臓器提供者の家族との連絡調整
  • 臓器提供に関わった院内関係者に対する提供後の報告

わが国の腎不全患者の現況

約26万人の方が血液透析療法中です(松本市の人口よりも、やや多い数です)。
年々、増加中です。腎不全の原因は糖尿病が第一位です。約1割の方が毎年、亡くなります。

長野県における心臓停止後の腎臓提供数、及び臓器移植希望者数

移植希望登録者数

平成27年6月30日現在

全国 長野県
心臓 409 非公表
心肺同時 3 非公表
249 非公表
肝臓 379 非公表
腎臓 12,496 160
膵臓同時 148 非公表
膵臓 47 非公表
小腸 5 非公表

注:各臓器移植希望者数には、多臓器同時移植希望者を含む

長野県内腎提供件数・腎移植件数

長野県内初の脳死症例

2010年1月4日に長野県内初の脳死判定による臓器移植がありました。

noushisyourei

全国の腎臓提供件数、移植件数

全国腎臓提供件数・移植件数

臓器提供数(2010年)

移植医療についての世論調査の結果(内閣府)

世論調査に見る臓器提供意思

最後に

提供病院は移植医療の出発地点にあたります。提供する権利、移植を受ける権利を守るために、皆様の御理解とご協力をお願い致します。

isyokuimage

PageTop